☆韓国研修会☆

2018年12月31日

アンニョンハセヨ!

埼玉青年会のキムチエです!

今回は少し前になってしまいますが、11月に行われた韓国研修会について書きたいと思います。

 

11/22~25日の3泊4日で韓国研修会が行われました。

今回の研修は、各地方の幹部活動者及び地方からの推薦者を対象として行われたもので、埼玉からは私を含む3名が参加しました。

その中でも、メインとなった研修項目が4つの分科会コースに分かれてのフィールドワークでした。
コースは南北統一、経済活動、歴史・人権、社会活動についてで、私は南北統一のコースを選び、いくつかの場所を見学しました。今回はその中でも2ヶ所紹介をしたいと思います。

①第2トンネル

          

このトンネルは南北戦争の時に北朝鮮が韓国側に攻め込むために作ったトンネルで、韓国は脱北者の証言からこのトンネルの存在を知ったそうです。トンネルの中は残念ながら写真を撮ることは出来ませんでしたが、ダイナマイトで穴を開けていった跡を見ることが出来て、南北戦争を肌で感じることが出来て、とても貴重な体験をすることが出来ました。

②労働党舎

労働堂舎は、昔、北朝鮮の領土となっていた場所に建てられており、北朝鮮が共産独裁政権の強化と地域住民の統制を目的に建てたものです。また、建物のデザインはソ連式となっています。朝鮮戦争の際、激しい爆撃を受け、現在は建物の外壁のみしか残っておらず、昔は建物の中に入れたようですが、現在は落下物の危険等により中に入ることは出来なくなっています。昔、北朝鮮であった場所に自分が立っているというのはなかなか出来ない体験であると同時に、ここでも朝鮮戦争の悲惨さを改めて感じることが出来ました。

 

ちなみに、ほかの埼玉メンバー二人は経済活動のコースを選択し、カカオトークでおなじみのカカオや青年会の先輩が経営しているウェディングフォトの会社等を訪問したそうです。

あっという間の3泊4日でしたが、それぞれにとって沢山のことを学ぶことが出来た研修となりました。

 

 

 | 

ページトップへ