赤ちゃんと渡航のいろは

2019年06月06日

アンニョンハセヨ。インジュです。

10連休みなさんはどのように過ごされましたか?

 

私は初めて娘を連れて韓国に行ってきました。
まだ4ヶ月半で飛行機に乗せるのは心配でしたが、結果的には行ってきて本当に良かった!
親戚たちにようやく娘を見せてあげることができて、みんなにかわいがってもらい、注目を浴びて本人もはりきったのか寝返りをマスター。表情豊かになって、驚くほど成長を遂げて帰ってきました。

赤ちゃんとの韓国旅行、何回かに分けて書きますね。

 

夫が日本人なので娘は二重国籍なのですが、急に決まった旅行だったので、今回は日本のパスポートだけあれば良いかなと思っていました。
日本旅券は近所で1週間ほどで取れるのに対し、韓国旅券は電車を乗り継いで領事館まで行く必要がある上、発行まで2週間ほどかかるんですよね。
ですが領事館に問い合わせたところ、「必ず韓国パスポートも取ってください」とのことで急いで取りに行きました。

調べてみると「自国民」として出入国の必要があるようです。
入管では日本出国は日本旅券、韓国入国は韓国旅券、帰りはその逆というふうに提示を求められました。
いろいろ疑問は沸きますが、そういう決まりなんだそうで。
よく「ハーフ」という言葉を使いますが、こうやってみると半分よりも2つで、「ダブル」という表現が正しいなと感じます。

 

さて、私が今回困らされたのが証明写真。

自宅で白いおくるみの上に娘を寝かして一生懸命に撮った写真は、日本のパスポートセンターでは「影が入りすぎている」などの理由で受け付けてもらえず。
センター内の写真館で撮ってもらい(けっこう高い!)それを韓国のパスポートでも使おうとしたら、グレーの背景は韓国ではNGだと受け付けてもらえず、焦る焦る…
まだ一人座りができないので領事館にある証明写真機も使えず、撮り直してまた持って来ることを考えると目まいがしそうでした。
結局1回だけ使える「単数旅券」なら背景がグレーの写真でもOKというので、今回はこれで行くことにしました。

きっとみなさんはちゃんとHPで確認してから領事館へ行くと思いますが、日本と韓国はちょっとずつ違うよということを一応念のためにお伝えします…

 

そして後から気づいたのですが、パスポートって別名併記ができるんですね!

日本と韓国の苗字を併記してもらえたら何かと便利そうです。
私の母のパスポートを見たら、母の苗字の隣に(Mrs.AHN)と併記されていて、そういう方法もあるのかと思いました。
次に更新するときは私もそうしようと思っています。
が、去年パスポートの盗難に遭って作り直したので(香港でスリに遭ってそれはもうひどい思いをしました…)まだまだ更新はだいぶ先なんですけれども。

 

ちなみに日本パスポートはスムーズに取得できましたが、私が日本籍でないため、窓口で繰り返し「だんなさんはパスポートを取ることを了承していますよね?」と確認されました。
嫌な気持ちになることはなかったのですが、一体何で聞くのか気になって仕方ありませんでした。

悪用されるのを防ぐため?うーん…

 

そんなわけで何とか入手した二つのパスポートで、出国や入国も問題なく終了!

おそらくは日本パスポートだけでも行って来れたと思うんですけれどね。

娘の初渡航なので、万が一に備えることにしました。
空港では赤ちゃんを連れていると優先してもらえる場面が多くて、とてもありがたかったです。

金浦空港で職員に「애기엄마(エギオンマ=子どものお母さん:奥さん)」と呼ばれたのが、何だかとっても新鮮でした(笑)

 

(インジュ)

 

1984年ソウル生まれ。1990年に来日、神奈川県で育つ。延世大学校政治外交学科卒。日本の全国紙に勤務。韓日ダブルの娘の子育て中。

   

ページトップへ