覚えて簡単・漢字語で韓国語!

2019年04月23日

あんにょんはせよ!
韓国語学習便です。

今回は漢字語で覚える韓国語です!

いや・・・

まずは漢字の韓国語読みを
覚えるところからですね。

私が漢字の韓国語読みを覚えたきっかけは
人の名前を覚えるところから始まりました。

お名前を伺ってもなかなか覚えられなかったので
漢字で教えてもらうようにしていたら
自然と漢字の読みも覚えていました。
.
.
.
というのは余談で、スタート!

こちらが今月のハングル月暦です。

で、こちらが4月1日の単語。

「入口」とか「先生」って単語が分かる方には
ピンと来やすいのではないかなと思います。

同じ漢字が使われている単語を
できるだけたくさん思い出すのがポイント!

例えば、コレと

コレ

「学」が共通しているので
その読み方も必然的についてきますよね。

漢字語で覚えると

名詞を覚えるのが本当に楽になります。

国の名前、地名など
ハングルで覚えにくい方は
ぜひ漢字に注目してみてください!


ちなみに今日の単語はこちら!

ちょっと難しいですね。
でも「員」という字は
韓国語を勉強しているとよく出てくる気がします。

特に初級あたりで
職業のテーマの時には頻発するイメージです。

単語を覚えるためのハングル月暦ですが
漢字語に慣れるためにも活用できます。

ぼんやり眺めていても
「この漢字ってこう読むのか」と
いつの間にか覚えているので
ぜひすぐ目に付くところに置いてくださいね。

漢字の読み方にはある特性があるようです。

もちろん例外もあるでしょうが
そのルールが分かっていると
オール韓国語の世界にいても
意味がつかめた・・・という話を聞きました。

その特性については
また機会があったらお伝えしますね。

ちなみにその特性を理解しているおかげで
韓国語の意味が分かったというのは
「ダーリンは外国人」という
コミックエッセイの一コマにありました。

語学オタクのご主人トミーさんが
韓国に行った時のことでした。


久しぶりに読み返してみようかな♪

1冊の中の本当にちょっとしたエピソードだったのですが
とても覚えています。

みなさんもぜひ読んでみてください♪

   

ページトップへ