映画『パラサイト』で話題となったチャパグリを作ってみた

2020年05月08日

アンニョン♪

フードアナリストの金成姫です。

韓国映画で、

第92回アカデミー賞で最多4部門受賞した話題の『パラサイト 半地下の家族』。

その映画のワンシーンに登場する「チャパグリ」を作ってみました。

そもそも「チャパグリ」とは、

「チャパゲティ」と、「ノグリ」の2種類のインスタント麺を混ぜて作った食べ物です。

農心のチャパゲティとノグリ

新大久保のソウル市場で、チャパグリセット(2人分)が売っていたので、

そちらで購入しました!

映画では、牛肉も使っていますが、

今回は、セットに付いていたレシピを参考にし、オーソドックスに作りました。

 

材料(2人分)

・チャパゲティ1袋

・ノグリ1袋

・1,110ml

作り方

1 沸騰したお湯1,110mlに2種類の麺のかやくを入れる

2 麺を入れて4分30秒茹でる

3 麺を取り出し、お湯は150ml残して捨てる

4 麺を鍋に戻し、チャパゲティスープベース・ノグリのスープベース2/1・お湯は150ml・オイルを入れて、

弱火で30秒間ミックスしながら炒める。

5 できあがり!おいしく召し上がってください。

チャパグリ 実食!

 

うどんのようにコシのある旨辛麺ノグリと

香ばしくコクのあるジャージャー麺風チャパゲティ。

両方の良さを味わえる優れた麺料理でした。

映画のように奮発して牛肉を入れていないから、

ワカメが良い意味でメインディッシュのような存在になっていました。

このセットは、税込価格270円。

近頃巣ごもり消費が増えていく中、

こういった商品のニーズを改めて感じます。

農心(NONGSHIM)オフィシャルサイト:

https://www.nongshim.co.jp/lineup/index.

 

(金成姫)

 

****

金成姫さんの公式ブログで、あんにょんブログを紹介していただきました!

↓公式ブログ ↓

韓国伝統餅「MOCHI MOCHI(モチモチ)」

お花見スポット上野・湯島の韓国料理店「焼肉じゃんじゃん亭」へ

韓国の人気スイーツ「Cafe de Paris」のボンボンシリーズが六本木ヒルズに限定オープン

新大久保で行列の屋台グルメ『アリランホットドッグ』

7分煮込んだキムチチゲもあるよ〜!『セマウル食堂』@新大久保

流行のチーズタッカルビもあるよ~!『市場タッカルビ』@新大久保

本場韓国料理が味わえる『POCHA (ポチャ)』@関内店

チュクミサムギョッサル『豚とんびょうし』

金成姫さんInstagram⇒こちら

あんにょんフード記事⇒こちら

あんにょんブログ⇒インタビュー記事

   

ページトップへ