トンマッコルへようこそ(2005)

2022年05月13日

アンニョンハセヨ!

今回ご紹介するのは“トンマッコルへようこそ“という映画です。

ちなみにトンマッコルというのは映画に登場する架空の村の名前です。

朝鮮戦争が背景の映画ですが、とても優しい映画です。

しかしその優しさのせいで戦争の悲しさがより一層感じられる作品でもあります。

 

あらすじですが…

時は1950年の朝鮮戦争。朝鮮半島は南北に分断され、争いの最中にあります。しかしトンマッコルという山奥の村に住む人々は戦争が起こっていることなどつゆ知らず、平和な暮らしをしています。そんなトンマッコル村にある日、それぞれ所属する部隊から逸れてしまったアメリカ軍の兵士が1人、韓国軍の兵士が2人、北朝鮮の兵士が3人、戦闘機の墜落事故をきっかけに、トンマッコル村に集まってしまいます。敵対する兵士達が村の中で遭遇してしまい、一触即発の危ない状況に陥ります。でも村人はそんな兵士たちの事情など気にすることなく相変わらずのんびりと過ごし続けます。そんな純粋で平和な村人に感化された兵士達は敵同士であるにも関わらず少しずつ仲良くなっていくのですが…

 

とても優しい映画なので家族揃って見られます。

ファンタジー要素もあり童話のような雰囲気を持った映画です。

しかしこの映画の背景はあくまでも戦争なのです。

戦争映画のエンディングはやはり悲しいものです。

戦争にハッピーエンドなどないのです。

 

キャスティングですが、トンマッコル村の村人役にはカン・ヘジョン、韓国軍の兵士にはシン・ハギュン、北朝鮮の兵士役にはチョン・ジェヨンが出ています。

そして音楽はジブリや数多くの映画音楽を手がけた巨匠久石譲が担当しています。この映画は久石譲が初めて音楽を手がけた韓国映画でもあるのです。音楽にも一度注目してご鑑賞してみてはどうでしょうか?

 

映画に登場する有名なシーンの一つにポップコーンの雪が降るシーンがあります。このポップコーンの雪のアイデア、実は周りのスタッフからはあまりよく思われていなかったそうです。カットされる可能性もありました。しかしこの映画で長編映画監督デビューしたパク・クァンヒョン監督は絶対に必要なシーンだとこだわりを持ち、映画の中に入れることに決めました。実績のないデビューしたての監督が意見を押し通すのはなかなか難しいことです。それでも監督が自信を持って押し進めたことにより、結果的にこのシーンは映画を代表する有名なシーンの一つになりました。

 

戦争は悲しく悲惨です。

しかしそんな中でも人間とは、こうあるべきではないかと考えさせられる映画です。

 

今回はここまでです!

それではまた次回!

 

ジニュン

 

   

ページトップへ